記事一覧

未来のスタンダードはここにあるか? さらなる高みを目指す実験的な腕時計

技術の進化とともに、計ることの可能性をどんどん広げてきた腕時計の世界。その進化のベクトルは今、エンタメなどの要素も取り入れ、さまざまな方向を向いている。ここに紹介する5本も、それぞれの感動で着ける人をもてなしてくれるもの。ブルガリ BVLGARIこの中から、未来の時計のスタンダードは生まれるのか?

四半世紀を経て、クオーツがさらに進化
GRAND SEIKO
グランドセイコー/キャリバー 9F 25周年記念限定モデル



SS×K18YGケース、40mm径、クオーツ。50万円/セイコーウオッチ 0120-061-012
かつて世界中を席巻したクオーツ技術において、さらなる最高峰を目指したキャリバー9Fの誕生から今年で25周年。それまでのクオーツでは不可能だった太い針を回す強いトルクをはじめ、秒針のふらつき抑制や、日付の瞬転を実現し、クオーツに対する廉価なイメージを一新した。

これを再び革新し、年差±10秒の精度を年差±5秒に向上。スケルトンケースバックで9Fクオーツならではの美も誇示。世界限定600本。

プラズマ ハイテクセラミックスケース、43mm径、自動巻き。29万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330
ケース素材として一般的になったハイテクセラミックスだが、技術はさらに進化中だ。スーパーコピー時計このジャンルの先駆であるラドーは、美しい一体成型のホワイトセラミックスを、2万℃の活性化したガスが充満するプラズマ炉の中で分子レベルで組織変性させることで、素材にメタリックな輝きを与えた。


超高温ガスが充満したプラズマ炉の中で鍛造される様子。
スチールに比べて25%軽量かつ最大5倍の硬度を備え、ガンメタカラーはブルー文字盤とも美しく調和する。



SSケース、40mm径、自動巻き。28万円/ホッタ 03-6226-4715
大学で数学を学び、経営管理の理学士号を取得したコンセプチュアル・アーティスト、ロルフ・ザックスの手による。化学実験室から着想を得て、時計業界では初採用のアンバーリング技法を採用。実験室で使われるガラス器具の目盛りを時計に再現している。インデックスやロゴをガラス表面に直接塗布し、琥珀色の染料タンクに浸したあとにオーブンで高温焼成するため、色がかすれない。世界限定150本。


【関連記事】:軽さと豊富なデザインが多くのに大人気tote711市場