記事一覧

ジュビリーブレスレットは実用的なツールウォッチに適しているのだろうか?





これはバーゼルワールド2018で、最も話題を呼んだ2つの時計のうちの1つだった。ステンレス製のペプシベゼルGMTマスターが、再び登場したのだ(最も話題を呼んだもう一方は、もちろんチューダー ブラック ベイGMTだ)。神とハンス・ウィルスドルフが意図したように登場し、ロレックス愛好家たちをどれほど沸かせたかは理解できるだろう。ロレックス サブマリーナ誰が「ペプシ」ベゼルと呼びはじめたのかは定かではないが、人目を引く赤と青のベゼルは1955年に初めて登場したRef. 6542以来、GMTマスターの特徴的な要素となった。1955年に誰かが関連づけた可能は大いにある。ペプシのロゴは、1893年に「ブラッドの飲み物」として発売されて以来(名前は2〜3年後にペプシに変更された)幾度もの変遷を経ているが、赤、白、青のカラーリングは1950年からそのままだ。


 SS製の最後のペプシGMTは、アルマイト・アルミニウムベゼルのRef. 16710だったが、2014年にはホワイトゴールドのペプシGMTが発表された。ロレックスファンの間では、ペプシ・カムバックの欲求が微妙な形で満たされたが、SSのペプシに対する憧れの炎をさらに大きくもした。

 さて、WG製が不出来なわけではない。が、多くの人々にとって貴金属のロレックスは、耐久性があり正確で信頼性の高い本来の「道具的なロレックス」のサイドラインのようなものであった。皆、依然としてSS製のペプシGMTマスターIIを欲しがっていたのだ。新しいモデルはペプシGMTマスターに誰もが望んでいたもののすべてがあるが、もちろん、一つ前のアルマイト・アルミニウム製ベゼルバージョンからのいくつかのアップデートもある。


 我々は最後のSSのペプシと新しいWGモデルの主な違いを2015年に一度レビューしたが、新しいSSモデルの文脈でもう一度見直す価値はあるだろう。特に新しいSSペプシにはWGバージョンからの技術的な更新があるのだ。まず第一に、もちろん、新しいモデルには2014年のWGモデルでデビューしたセラクロムのペプシベゼルがある。これは、アルマイト・アルミニウムベゼルと比べて技術的にかなり優れている。とにかく耐久性が高く、時と共に色褪せることがない。


 古いベゼルよりも幅が広く、20世紀半ばの古めかしいかわいらしさはない。アルマイト・アルミニウムベゼルは1959年以来存在しているが、ロレックスが既存のモデルに加えるほとんどの変更と同様に、技術的な素材の観点から間違いなく優れている